本部活動   研究調査部  トップページへ


 令和元年度 研究調査部員 担当副会長 ・関口靖彦 ・神山則幸 ・浅見  勲   ◎・・部長  〇副部長
   
 ・新里孝二(さいたま市支部)  ◎浅野勝男(北足立南部支部)  〇佐藤豊明(北足立北部支部)  ・大川戸 浩(入 間支部)
 ・長嶋和義 (比 企支部)  ・中 紀雄(秩 父支部)  ・中野修一(児 玉支部)  ・瀧澤繁雄(大 里支部)
 ・春山誠一 (北埼玉支部)  ・岡島正男(埼 葛支部)  ・関口良子(女性退職校長会)  
   
      研究調査部担当幹事    ・足助 啓子   ・内田 雅寛   ・川野  勉   





  令和元年度の活動 
第2回 研究調査部会  令和元年11月26日(火) 浦和コミセン 10階 第11集会室 1400~ (予 定)
 
第1回 研究調査部会  令和元年8月28日(水)  浦和コミセン 10階 第8.9集会室 1400~
 ① 平成30年度の活動について
 ② 令和元年度の活動に向けての検討
        等

   平成30年度の活動
・ 平成30年度 小・中学校校長退職後新会員になられた方の 『再就職・待遇に関する実態調査』 用紙
・ 平成30年度実態調査集計
第2回 研究調査部会  平成30年11月30日(金) 浦和コミセン 10階 第7集会室 1400~
 1 開会のことば
 2 会長あいさつ
 3 議 事(議長・・浅野部長)
   (1) 「実態調査」の回収状況と集計について
      〇 今回は、回収率が91%を超えた。各支部の部員の皆様の細やかな働きかけのおかげである。
      〇 回収期日については、11月上旬で締め切り、集計した。
   (2) 「実態調査」の集計結果について
      〇 集計結果については、別紙
      〇 再就職率は、93%を超え、ほとんどの人が何らかの形で再就職をしている。
      〇 週4日、5日、勤務の人が71%を超えている
   (3) 集計結果の考察
      〇 意見、要望欄には、厳しいご意見、切実なご意見等が寄せられているので、
        今後、退職1~2年前の現職校長への情報提供も検討していく。
   (4) 各支部からの報告
   (5) 今年度の反省と来年度の活動について
 4 報告事項(本部より)
 5 その他 
第1回 研究調査部会  平成30年8月28日(火)  浦和コミセン 10階 第7集会室 1400~ 
 ※ 第1回目の会議は、試みとして午後に開催した。
  ① 平成29年度の活動について
  ② 平成30年度の活動に向けての検討 等

  平成29年度の活動
 平成29年度 小・中学校校長退職後新会員になられた方の 『再就職・待遇に関する実態調査』 用紙
・ 平成29年度実態調査集計 
第2回 研究調査部会  平成29年11月28日(火) 浦和コミセン 
研究調査部会 次第 1 開会のことば
2 会長挨拶
3 議事(議長・・・部長)
 (1)「実態調査」の回収状況と集計について
 (2)「実態調査」の集計結果について
 (3)集計結果の考察
 (4)各支部からの報告
 (5)今年度の反省と来年度の活動について
4 報告事項・・・・本部より
5 その他
6 閉会のことば
第1回 研究調査部会  平成29年8月28日(月)  浦和コミセン 10階 第6集会室 1000~ 
  ① 平成29年度 部長、副部長 選出
② 平成28年度の活動について
③ 平成29年度の活動に向けての検討
         等

研究調査部会 次第 1 開会のことば  多田清作 副会長
2 会長挨拶    石田会長
3 自己紹介
4 部長・副部長選出(任期2年)
  部長 浅野勝男(北足立南部)   副部長 稲井利雄(さいたま市)
5 議事  議長・・部長
  (1) 平成28年度の活動について
      ・平成28年度の第2回研究調査部会の報告
      ・再就職、待遇に関する実態調査について
  (2) 平成29年度の活動について
    ① 調査内容等について
      ・匿名性を高めるため、在住・在勤務地の記載を無くし、所属支部のみ記載。
      ・契約期間見込み解釈例の数字を 「 ・ 」 印に変える。
    ② 調査日程等について
      ・9月上旬に各部員に配布 ⇒ 部員から9月中旬、新会員に配布
      ・新入会員からの回収 ⇒ 10月31日(金)締め切り(強調する)
    ③ 調査方法等について
      ・回収率を上げるため、各支部で工夫していく。
6 報告事項
    ・県教委、等への要望書の提出
    ・「彩の国教育の日」現職・退職校長支部別教育推進協議会について
7 その他
8 閉会のことば   浅見 勲 副会長
   

  平成28年度の活動
第1回 研究調査部会  平成28年8月25日(木)   浦和コミセン 第6集会室 1000~  
  ① 平成27年度の活動について
② 平成28年度の活動に向けての検討 等  
・ 平成28年度実態調査集計
   
第2回 研究調査部会  平成28年11月29日(火) 浦和コミセン 
  1 開会のことば
2 会長挨拶
3 議事 (議長・・・部長) ( 〇印は部員との意見交換と方向性)
 (1)「実態調査」の回収状況と集計について
    〇 締め切り日を過ぎて回収されるケースがあり、集計をどこの時点で行うか。
 (2)「実態調査」の集計結果について
    〇 年金との絡みで、再就職希望が多い。
 (3)集計結果の考察
    〇 回収率向上のための手立てについて。
    〇 各支部ごとに工夫。
 (4)今年度の反省と来年度の活動について
    〇 個人が特定されにくい工夫が必要。
    〇 調査用紙の改善。
4 報告事項(本部より)
5 その他
6 閉会のことば

  研究調査部の主な活動内容
  校長退職時の再就職・待遇に関する実態調査の実施(平成9年度より実施) 
 目 的
  年金法の改正に伴い、年金の満額支給が65歳に繰り上げられる等の現状に対応し、校長退職後の再就職・待遇の実態を把握し会員福祉の増進に資する。
 対 象
  ①校長を退職した新会員 ②生年月日が昭和32年4月以降の方
 結果の公表
  埼玉県退職校長会 会報 (毎年4月に発行される会報に掲載)
  埼玉県退職校長会 ホームページに掲載
  現職の小中学校校長会理事会を通して、令和元年度末退職予定舎に配布
 部会における協議内容
  ・調査項目・内容の検討  
  ・各支部の部員を通して、新会員へ送付
  ・回収方法、集計、等について
 
  調査関係資料

  ・ 平成27年度実態調査集計(一部 縦A4の形式があります)



 このページの先頭へ